日焼けはNG

脱毛をしている期間には、守るべきルールがあります。そのひとつが、日焼けをしないということです。これはエステサロンでの脱毛でも、医療クリニックでの利用レーザー脱毛であっても、同様のことが言えます。脱毛をする時には、専用のマシンを使います。専用の脱毛マシンで、ムダ毛をなくしたい場所に、光やレーザーを照射することで、脱毛の効果を上げていくという仕組みです。

脱毛の照射をすると、その直後は肌が少し赤くなることがあります。エステやクリニックでは、照射のあとクールダウンのお手入れをします。肌を冷やしているあいだに、ほとんどの人が、肌の赤みは気にならなくなります。その日の夜には、赤みはほとんど気にはならなくなっていますが、内部には熱がこもっています。肌は軽い炎症をお越している状態です。そのままで日焼けをしたら、軽いやけど状態が余計ひどくなります。脱毛したあとは、絶対に肌を焼かないことです。

日焼けをしてしまうと、肌の色が黒くなってしまいます。エステやクリニックでの脱毛は、黒いメラニン色素に反応させて脱毛効果を出します。そのため、日焼けしてしまうと、施術をして火傷をしてしまう可能性があります。そうならないためにも、脱毛期間中は日焼けはNGなのです。

Comments are closed.